上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
編集長 Log Book : ~『LH-NEXT』編集の現場から~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

『LH-NEXT』の編集長、多田義則です。
 ついに・・・ブログ始めます!

『LH-NEXT』の発刊は3か月に1回ですが、発刊しない月も、日々、さまざまな情報収集をしています。そういった編集の現場から、雑誌の誌面には現れないタイムリーな情報、ぜひ伝えたい情報、そしてタウンウォッチング、メディアウォッチングの個人的な情報もブログで発信していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 1月末発刊の『LH-NEXT』vol.7の特集タイトルを「新たな経営元年」としましたが、この2月から、4号ホテルも新法ホテルも、まさに新たなスタートです。一昨年3月の政令改正の発表以降、多くのホテルが身動きできない状況を余儀なくされ、お客様の視点からは、“空白の2年間”になってしまったといえます。
 確かに、まだ警察・保健所の指導等で予断を許さない状況が続いていますが、新たな区分けのなかで、いかに集客し売上げをつくっていくか、空白の2年間を取り戻す、早急な取り組みが求められています。

 先日、2月21日の「LH-NEXT経営セミナー」で、従業員教育の基礎となるコミュニケーションをテーマにご講演していただいた、三井裕氏とお会いして、今後のラブホテル/レジャーホテルに求められる従業員教育について、いろいろ意見交換をしました。
 モノの魅力からソフトの魅力へ、従来以上に求められるサービス強化のために、スタッフの組織化や教育の仕組みづくりをどうするか。従業員の重要性は認識していても、飲食業等の一般的なサービス業とはまた違った難しさがあり、売上低下傾向の続くなか人件費削減の傾向もあり、さらに、4号ホテルにおける外国人就労不可の問題や統括管理者の責任、最低賃金等の労基法上の遵法対応、等々・・・。従業員の雇用・管理、教育・育成については、「新たな経営元年」以降の繁盛店づくりにおける重要なテーマのひとつであることは間違いありません。
 三井氏には、『LH-NEXT』次号(vol.8)から「コミュニケーション」をテーマに連載していただくことになりました。ご期待ください。

『LH-NEXT』編集長 多田義則


◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 編集日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。